whisky と whiskey

ウイスキーという言葉は英語からきていますが、英語のウイスキーにはwhisky と whiskeyの2つの書き方があります。

「e」があるかないかというちょっとした違いなのですが、2つの書き方があるのには理由があります。

ウイスキーは12世紀ごろアイルランドではじめてつくられたといわれています。

イギリスにおけるウイスキーの2大生産地が、アイルランドとスコットランドです。

アイルランド産はアイリッシュ(アイリッシュウイスキー)で、スコットランド産をスコッチ(スコッチウイスキー)といいます。

両者はいわばライバルといった関係で、お互いが違いを示すために、アイルランド人は「e」を入れてwhiskeyと書き、いっぽうのスコットランド人は、whisky と書くようになりました。

アメリカではだいたい輸入ウイスキーはwhisky と表記し、国産のものにはwhiskey が使われます。

日本産のウイスキーにはwhisky が使われています。

それは、日本のウイスキーがもともとスコッチタイプから出発したから、なんだそうです。

若い頃はウイスキーがどうも苦手で、もっと大人になったら美味しく飲めるものだと思ってました。

が、やはり今になってもやっぱり苦手。

きれいなお姉さんに水割りを作ってもらったことがありますが、やはり一緒でした……