ビスケットとクッキーの違い

ビスケットとクッキー、どちらも小麦粉を原料に使い、砂糖やバターなどを混ぜて焼いた洋菓子ですね。

ビスケットは、英語のビスケット(Biscuit)で、「二度焼いたもの」という意味のラテン語の「ビスコクトゥム」に由来しているんだそうです。

いっぽう、クッキーは、アメリカ英語のクッキー(Cookie)で、「小さなケーキ」を意味するオランダ語の「クオキエ」に由来しています。

ビスケットとクッキーには、語源的にそういった違いがあります。

ですが、お菓子としての両者の区別ははっきりとはしていません。

ある国語辞典では、クッキーを〝ビスケット風の小さな平たい干菓子〟としています。

日本ビスケット協会というものがありまして、そこでは、糖分や油分の合計が40パーセント以上含まれて、サクサクとした食感のものがクッキーで、糖分や油分を控え、パリッとしたものがビスケットであるとしています。

ちなみに、アメリカではそれらすべてをクッキーと呼んで、ビスケットというものはありません。

また、イギリスではアメリカの逆で、すべてをビスケットと呼んで、クッキーというものは存在しません。

同じお菓子なのに、国によって呼び方が違うんですね。