牛は赤色に反応するのか

闘牛士は牛に向かって布をヒラヒラと翻し、牛を挑発します。

すると、牛は猛然と突進してきます。

これは、スペインの闘牛場ではお馴染みの光景です。

あの布の片方には棒がついていて、スペイン語ではそれをムレータといいます。

布は赤い色をしていますが、牛はその赤い色に対して興奮し、突進してくるというのは本当でしょうか。

子どもの頃から、ずっとそう信じてきました。

赤い色は人間にとっては興奮をもたらす色といわれます。

しかし、それを牛にそのまま当てはめる…というわけにはいかないようです。

というのも、人間と牛の視覚は同じではないからです。

人間は、赤、白、黒、青……いろいろな色を見分けることができますね。

ところが、牛は人間よりも色覚が弱く、すべてくすんだグレーのような色に見えているんだそうです。

つまり、赤い色は認識できていないというわけです。

ですから、闘牛士は、布の赤い色によってではなく、布のヒラヒラした動きによって、牛を興奮させているということになるのです。

人間とサル以外の動物は、色を識別できないといわれています。

では、どうして闘牛に使われる布が赤色なのかというと、赤は目立ち、戦いに適した色だから採用になったそうです。