埋立地に開業したJR鶴見線

神奈川県のJR鶴見線は、1926(大正15)年に開業しました。

当時は鶴見臨港鉄道といい、設立したのは浅野総一郎です。

浅野氏は一代で浅野財閥を築いた実業家で、浅野セメント(後の日本セメント、現在の太平洋セメント)を立ち上げ成功を収め、明治期のセメント王と呼ばれました。

また、鶴見埋築株式會社(現在の東亜建設株式會社)を創立し東京湾の埋め立て事業を推進して、京浜工業地帯の形成に貢献しました。

鶴見線が通っている地帯は埋め立てでできた土地であり、駅名には埋め立てに尽力した人物の名前が使われていて、そのなかの1つが浅野氏にちなんだ「浅野」です。

「扇町」という駅名もあり、こちらは浅野家の家紋である扇にちなんだ駅名です。

「末広町」は廃駅となりましたが、浅野氏の家紋の扇の形に由来した駅名です。

ほかにも、埋め立て工事の協力者であり浅野セメントの取締役でもあった安田善次郎にちなんだ「安善」、鶴見臨港鉄道の発起人のひとり白石元治郎にちなんだ「武蔵白石」、同じく浅野セメントの取締役だった大川平三郎の「大川」などがあります。

「鶴見小野」は地元の大地主・小野信行に由来した駅名です。

曹洞宗の本山・総持寺が近くにあることから「本山」というそのままの駅名もあります。