寿司屋のあがり

お寿司屋さんや料理屋さんでは、お茶のことを「あがり」といいます。

漢字で書くと「上がり」なのですが、どうしてお茶のことを上がりというのでしょうか。

ものごとの終わりのことを「あがり」といいます。

すごろくでゴールすることも、あがりといいますね。

お寿司を食べて、さいごにお茶を飲むので、食事の締めであるお茶を「あがり」と呼ぶのでしょうか。

お茶の「あがり」は「上がり花」からきているんだそうです。

その昔、遊里では「茶」という言葉を使うのを嫌っていたそうです。

客がなくて暇なとき、遊女や芸者たちは茶をひきました。

そこから、「茶をひく」といえば、遊女・芸者などが暇であることを意味するようになったのです。

「茶」という言葉は「茶をひく」に通じます。

そこで、「茶」という言葉を使うのを嫌って、いれたての「茶」のことを「上がり花」と呼ぶようになりました。

お寿司屋さんや料理屋さんで、お茶のことを「あがり」と呼ぶのは、「上がり花」からきているのです。

「上がり花」の「花」を略して「あがり」と呼ぶようになったんだそうです。

さしみ醤油を「むらさき」といったり、お会計を「おあいそ」といったり、日本語は難しいです。